ハンバートハンバート

ハンバートハンバート

humbert2016up
プロフィール:
1998 年結成、佐藤良成と佐野遊穂によるデュオ。2001 年CD デビュー。フォーク、カントリー、アイリッシュ、日本の童謡などをルーツに、叙情的でユーモアあふれる音楽は、幅広い年齢層から支持を集める。海外の伝統音楽系ミュージシャンたちとの共演多数。テレビ・映画・CM などへの楽曲提供も多く、最近ではCM ソング「アセロラ体操のうた」が話題に。現在はミサワホームCMソング「いついつまでも」がオンエア中。デビュー15周年を記念したアルバム「FOLK」発売中。

TOPへ

曽我部恵一

sokabe
プロフィール:
1971年生まれ、香川県出身。ミュージシャン。ROSE RECORDS主宰。
曽我部恵一BAND、再結成のサニーデイ・サービスなどで活動を展開し
、歌うことへの飽くなき追求はとどまることを知らない。
プロデュース、執筆、CM・映画音楽制作、DJなど、その表現範囲は多彩。
下北沢のカフェ兼レコード店CITY COUNTRY CITYのオーナー。

http://www.sokabekeiichi.com

みなさん、元気ですかー?
またレインボーの季節がやって来ましたね。いろんな人たちが各所からワラワラやって来るわけです。
さあさあ、あなたも一緒に踊りませんか?
曽我部恵一
TOPへ

勝手に観光協会Z(みうらじゅん・安斎 肇・山田五郎・古田たかし)

13815129_986191138160495_1890575959_n
プロフィール:
みうらじゅん&安齋肇により1997年に結成。
頼まれもしないのに勝手に各地を視察し、勝手に観光ポスターを制作し、
勝手にご当地マスコットを考案し、勝手にご当地ソングを作り、
旅館録音(通称・リョカロク)し続けている大きなお世話ユニットである。
2007年に日本全国47都道府県のご当地ソングを完成させた。

official site >>

勝手に観光協会は、レインボーヒルに育てていただいてるよーなものであります。今年は山田五郎が復活!あのメローでブルージィなギターソロを聴かせてくれます。また、ドラムスは昨年に続き古田たかし!ロックでロールでプログレな、新生勝手に観光協会、Zとして臨みます。今年も、みうらじゅんのオリジナル曲を秋空に高く轟かせたい!と思う所存です。 安齋肇
TOPへ

阿佐ヶ谷姉妹

image

阿佐ヶ谷姉妹(あさがやしまい)は、渡辺江里子と木村美穂の2人から成る日本のお笑いコンビ。東京乾電池研究所在籍中に知り合い、その後結成。2007年10月22日デビュー。コンビ名から姉妹に思われるが、血縁関係はない。

http://ameblo.jp/asagayashimai-blog/

先日のアメトーーク「フェス芸人」で、色々教えて頂く側で参加させてもらったのですが、まさか自分達が見る側デビューを飛び越えて、出る側デビューするとは!
普段はひっそりとしている2人ですが、フェスの波に乗って、アゲアゲなステージをご披露できたらと思っております。よろしくお願い致します。
TOPへ

ラリーパパ&カーネギーママ

rp
プロフィール:
 ”浪花のザ・バンド”と呼ばれたロックバンド。2001年デビュー。チョウ・ヒョンレ(Vo, Gt)スチョリ(Pf, Vo)キム・ガンホ(Gt)水田十夢(Ba)辻凡人(Dr)ルーツミュージックをこよなく愛する5人の若者により結成。奏でる音のイメージから《髭ロック》なるジャンルを与えられ、音楽ファンはもちろん周囲のミュージシャンや業界人にも賞賛され脚光を浴びる。今年はデビュー15周年&活動再開イヤー、そのスタートはレインボーヒルから。

http://www.citymusicrecord.com/

TOPへ

ベベチオ

bebe
プロフィール:
早瀬直久(Vo.Gt)と平良正仁(Ba)の音コンビ。2000年秋に『べべチオ』を結成し、兵庫県川西市にある美容室にてマンスリーイベントを続け注目を集める。「いいものに理屈は要らない」をモットーにライブや音源制作をし、映画やテレビCMなど様々なフィールドで楽曲を手掛けている。関西を拠点にしながら、ワークショップやイベント企画など、その活動は多岐にわたる。

TOPへ

みにまむす

みにまむす

プロフィール:
みにまむす、2016年最初の大阪でのライブがまさかのレインボーヒルになるなんて…
大阪を拠点にしながら随分ご無沙汰しちゃいました。
全国に散らばった舌の肥えたメンバーが服部緑地に集結し、
客席を練り歩きながら、お客さんの美味しいものをちょこちょこつまむゾ!
みんな覚悟はいいかい?10周年のレインボーヒルを大いににぎやかしまSHOW!

http://www.minimamus.com/

TOPへ

ハッチハッチェル・オーケストラ

hach2
ここはナポリか熱海かビアガーデンか?
『デタラメインチキ紳士』でおなじみのハッチハッチェルが
ポンコツ仲間たちと作り上げる極楽ワールド楽団。
ほろ苦くも美しい、クダラナくも素晴らしい人生に讃歌を!
コケッコッコー!息を抜くぜ!これぞ天国の大衆音楽!!

<メンバー>
ハッチハッチェル(唄とバイオリン)
高島ユータ(ピアノ)
藤岡戸イチロー(ベース)
カトー直喜(トランペット)
佐藤祐一(ドラム)

http://officebarbecue.com/

TOPへ

ふちがみとふなと

ff
プロフィール:
渕上純子(ボーカル)、船戸博史(ウッドベース)の二人組。四半世紀以上活動するも永遠のぺーぺー感を保持。一つの楽器と一つ(時々二つ)の声で作る世界をまだまだ冒険中。パスカルズとの共作ライブアルバム「1と2」、最新CD「だってチューだもん」、ムジカ録音のEP「オオサカのうた」絶賛発売中。

http://yoshida-house.tumblr.com

TOPへ

ゴトウイズミ

goto
プロフィール:
舞台型キャバレーなアコーディオン弾き語り。昭和や純喫茶を愛しその楽曲も多い。アメリカのSXSW出演やFRINGEFESTIVALなどアメリカやヨーロッパを中心に海外でも活動中。
舞台型アコーディオン弾き語りのスタイルと、キャバレースタイルを中心に活動中。数々のミュージシャンとの変則的なセッションやユニットも多く行う。
全国的にイベントのオーガナイズを展開し、MC業、CMのナレーション、ライター活動、脚本、ラジオのパーソナリティ、自主映画「地下音楽現場物語」の製作などの活動をしつつ、広島の原爆ドーム近くで「ヲルガン座」と「ふらんす座」と「廃墟ギャラリー」と「十日市アパート」を主宰。日々赤いベルベットとサブカルチャーと純喫茶な日々。
2016.2.18「初めから無いはずの幸せおんがく」をリリース。
http://gotoizumi.net/

TOPへ

夕 凪

夕凪
プロフィール:
1994年結成。
遠距離メンバーながら生活と軸。食と愛をテーマに、
確実なグルーヴで圧巻のライブを展開する22年目。
今年もDr:藤井寿光(ex-ANATAKIKOU)を迎え
野外では御馴染みのツインドラム編成。
佐藤良成(ハンバートハンバート)も強制参加なるか?

http://go-yuunagi.com/

レインボーヒルを松沢知幸と初めて開催した1年後、ムジカジャポニカを立ち上げました。我々には遊び場が必要だったのてす。
有難い事に無事10年が経ち、
今年は最初で最後のつもりで、
レインボーヒルの番外編〜ムジカ10thフェスを便乗させました。えらいこっちゃで。
ムジカでの大切な日々を反映させるのは
1日では足りませんが、感謝の10年間凝縮。
レインボーも含め二日間、どうぞ遊び倒してください。そして枠に入り切れない普段の素敵なムジカジャポニカの日々も、改めて宜しゅうお願いします。
1日目は、がっつり主宰として、
2日目は、喜びの唄を腹から唄います。

痩せれるかもな。

夕凪 伊藤せい子

TOPへ

デキシード・ザ・エモンズ

dixie300
プロフィール:
1990年に結成され活動を開始。バンド名はディキシーランド・ジャズに「溺死」の言葉をかけ、さらに土左衛門(溺死体)の言葉をかけたもの。
2006年に解散を発表し『電化アベジュリー』や『ハッチハッチェルオーケストラ』等、其々の活動を同時進行しながら2014年に一夜限りの再結成。以来、年に一度程のペースで神出鬼没。祭り事には参加。

TOPへ

アニメーションズ

ani
プロフィール:
vocal奇妙礼太郎
guitar生島良太郎
bass上田太一
drumQちゃん

ワン、ツー、スリー、フォーのカウントが聞こえた瞬間に友達四人でロックバンドを組みました。東へ西へ、北へ南へ、神出鬼没な四人組、アニメーションズです、どうぞよろしく!

TOPへ

沢田ナオヤ

sawada
例えばここにひとつのグラスがある。これに酔いどれ詩人の足取りで、レコード
プレイヤーから飛び出した様な声を注ぎ、叙情的なメロディーを足し、 乾いた
ギターで割る。静かな言葉の断片をちりばめて、鋭い味のスパイスを少々。一気
に飲み干す。沢田ナオヤの音楽を例えるならばこんな感じでどうだろう。
いつの間にか聴き手は、彼の音楽の世界に包み込まれ、
今夜もいい塩梅でしたたか酔ってしまうのだから

TOPへ

杉瀬陽子

sugise
プロフィール:
柔らかくも力強い、どこかノスタルジーを感じる歌声は、時に『祈りのようである』と言い表される。一声を出した瞬間に、その場の空気を自分の世界に一変させるライブは必見。
主に弾き語り、時にバンド形態で、関西を中心に全国で演奏活動中。

TOPへ

金佑龍

uryon
プロフィール:
キムチ、マッコリ、金佑龍!
混ぜたら意外と美味しい。
オルタナ上等、
トラディショナル、ルーツ目指すが
あれよあれよ!

フォークギターで
こそばゆい所を
搔きむしる。
まったりなのに暗い
暗いのにほっこり
音にほたえる若輩者

呑気に呑めば唄うは
踊れや呑めや

TOPへ

ジョンソンtsu

jst
プロフィール:
生き物のバランスとUFOの探し方を民衆にやさしく伝播するために
極北より渡来したプログレ宣教師。
幼少期より交差法による立体視と四葉のクローバー探しを得意とする。
母国語を駆使して繰り広げられるその歌は変拍子と音数の嵐。
聴衆は、言葉を覚える以前のあの頃を思い出してみな異様な懐かしさを覚えるとか。
シグネイチャー本田師の教えによって、最近すこし日本語を覚えてきたらしい。

TOPへ

前川サチコとグッドルッキングガイ

13552600_834756196657665_1597747662_n
プロフィール:
vo.前川サチコ(ex.クリームチーズオブサン)
key.甲斐鉄郎(argyle/pug27)
gt.塩見哲雄(naam’/fugacity/トラベルスイング楽団)
ba.峠せめ彦
dr.仲井信太郎(ex.クリームチーズオブサン/ヒトリトビオ/ノスタル人)

サウダージ感溢れるボーカル、脇を固める最強メンバーによる最新型ティンパンアレー系シティポップスバンド!
ライブパフォーマンスにも定評があり、笑いと憂いのエンターテイメントショウで老若男女を魅了。
秋に2枚目の7インチEP「都会/ラストステージ」JETSET RECORDSよりリリース!
11/2には梅田クラブクアトロにてワンマン決定!!
現在ライブオファー殺到中!

TOPへ

うつみようこ

12243491_933560150056112_4772863974442772730_n
プロフィール:
大阪生まれ、海外育ちのバンドマン。
元メスカリンドライブ、ソウルフラワーユニオンメンバー。
現在はソロでぼちぼち活動。
いろんなバンドもしている。
近年はボイストレーナーとして、
大きな声の出し方を教えている。

TOPへ

あふりらんぽ

プロフィール:
afri
2002年に大阪で結成 。ONI / オニ(Vo, G)とPIKA / ピカ(Vo, Dr)の2人からなるギターロックバンド。原始的なサウンドを取り入れた音楽性と衝撃的なパフォーマンスが国内外で話題に。2003年に1stアルバム「A」、2005年にKi/oon Recordsからアルバム「URUSA IN JAPAN」をリリース。2010年に解散を発表。2011年には解散ライブを収録したCD+DVD「NEVER ENDING AFRIRAMPO」をKi/oon Recordsよりリリース。解散から6年経て再始動。 HYPERLINK “http://afrirampo.net/” \t “_blank” http://afrirampo.net/
Twitter: HYPERLINK “https://twitter.com/AfrirampoJP” \t “_blank” https://twitter.com/AfrirampoJP
Facebook: HYPERLINK https://www.facebook.com/AfrirampoJP
Instagram:https://www.instagram.com/Afrirampo_JP

TOPへ

ANATAKIKOU

unnamed
プロフィール:
松浦正樹主宰によるバンド。メンバーはba&cho 杉村美奈(exママスタジヲ)、key 藤井学(The Miceteeth)、dr&cho 山口実紗(exサルバ通り)、prog クマノツヨシ(nifu)、key&cho 103CA(ANAGUMA / 印象派)。過去5枚のアルバムと7枚のシングルをリリース。2015年映画『味園ユニバース』に出演。現在新音源にむけて準備中!

TOPへ

ははの気まぐれ

ははの気まぐれ
プロフィール:
「世界、意識してる?」が合言葉のオルタナティヴ・ロック・バンド。
グラスゴー・サウンドに憧れ、独自のサウンドを佐賀スゴー的な旅の途中である。2ndAlbum『ベースボール・サンセット』(’09年)以後、音源こそ未発表だが、したためられた新曲群を耳にした人は「涙が出るかと思った」「いつ涙が出てもおかしくはなかった」「泣きそうだったけど我慢した」などと漏らしているという。
ライブは年にほぼ一回、レア度は抜群だ。

http://www.hahakima.jp/

TOPへ
Twitterはこちら